AMPドキュメント

日付をTwitterなどで使われる「3時間前」などのフォーマットに変換

説明

日付を Twitter などで使われる「3 時間前」などのフォーマットに変換

使い方

<amp-timeago 属性>
</amp-timeago>

必要なスクリプト

<script async custom-element="amp-timeago" src="https://cdn.ampproject.org/v0/amp-timeago-0.1.js"></script>

属性

属性名 説明
datetime 日付と時刻(ISO datetime)
locale ロケール
cutoff 指定された日付を秒単位で渡して表示
fallback フォールバック。対象の要素にブラウザが未対応や読み込みに失敗などをユーザに伝えるもの
heights メディア式に基づいた要素の縦サイズ
layout レイアウト
media メディア属性
noloading 進捗インジケータ(グルグル回るアイコンみたいなやつ)をOFF
on イベントの実行用
placeholder 親要素のプレスホルダー(アニメーションや画像などで読み込まれる前に表示されるやつ)
sizes メディア式に基づいた要素の横サイズ
width 横幅
height 高さ

レイアウト

レイアウト名 説明
fill 利用可能なスペースを埋めるよう自動的にサイズ調整
fixed-height 指定した高さで固定。横幅は自動的にサイズ調整
responsive 画面サイズに応じて自動的にサイズ調整

基本的な使い方

<amp-timeago
  layout="fixed"
  width="160"
  height="20"
  datetime="2017-04-11T00:37:33.809Z"
  locale="en"
  cutoff="8640000">
  Saturday 11 April 2017 00.37
</amp-timeago>

ロケール(locale)

<amp-timeago
  layout="fixed"
  width="160"
  height="20"
  datetime="2017-08-11T18:58:58.000Z"
  locale="fr" cutoff="8640000">
  Lundi 14 août 2017
</amp-timeago>

指定された日付を秒単位で渡して表示(cutoff)

<amp-timeago
  layout="fixed"
  width="160"
  height="20"
  datetime="2017-04-11T00:37:33.809Z">
  Saturday 11 April 2017 00.37
</amp-timeago>