AMPドキュメント

説明

パターンに基づいて URL を書き換える

使い方

<amp-link-rewriter 属性>
  <script type="application/json">
    設定
  </script>
</amp-link-rewriter>

必要なスクリプト

<script async custom-element="amp-link-rewriter" src="https://cdn.ampproject.org/v0/amp-link-rewriter-0.1.js"></script>

属性

属性名 説明
layout レイアウト
fallback フォールバック。対象の要素にブラウザが未対応や読み込みに失敗などをユーザに伝えるもの
heights メディア式に基づいた要素の縦サイズ
media メディア属性
noloading 進捗インジケータ(グルグル回るアイコンみたいなやつ)をOFF
on イベントの実行用
placeholder 親要素のプレスホルダー(アニメーションや画像などで読み込まれる前に表示されるやつ)
sizes メディア式に基づいた要素の横サイズ
width 横幅
height 高さ

JSON の設定

名前 説明
output(必須) URL
section URL書き換えが動作する領域
attribute フィルター処理されたセクションから取得されたアンカー要素に一致するルール

レイアウト

レイアウト名 説明
nodisplay 要素が非表示

基本的な使い方

<amp-link-rewriter layout="nodisplay">
  <script type="application/json">
    {
      "output": "https://visit.foo.net?pid=110&url=${href}&cid=${data.customerId}&mid=${data.merchantId}&ref=DOCUMENT_REFERRER&location=SOURCE_URL&rel=${rel}",
      "section": [
        "#track-section"
      ],
      "attribute": {
        "href": "((?!\bskip\\.com\b).)*",
        "class": "content"
      },
      "vars": {
        "customerId": "12345",
        "merchantId": "3234"
      }
    }
  </script>
</amp-link-rewriter>