AMPドキュメント

説明

カルーセルを表示

使い方

<amp-base-carousel 属性>
</amp-base-carousel>

必要なスクリプト

<script async custom-element="amp-base-carousel" src="https://cdn.ampproject.org/v0/amp-base-carousel-0.1.js"></script>

属性

属性名 説明 デフォルト値
attr-name 構成要素  
mixed-length 各スライドに既存の幅を使用するか false
visible-count 特定の時間に表示するスライド数 1
advance-count 次に移動する時に進むスライド数 1
auto-advance 自動的に進む false
auto-advance-count 自動的に進む時のスライド数 1
auto-advance-interval 自動的に進む時の時間(ミリ秒) 1000
auto-advance-loops ループ回数 無限
snap スクロール時にカルーセルがスライドにスナップするかどうか true
snap-align スライドの位置(startかcenter) start
snap-by スナップの粒度 1
slide 表示される最初のスライド 0
loop ループするか true
horizontal 水平レイアウトにするか true
fallback フォールバック。対象の要素にブラウザが未対応や読み込みに失敗などをユーザに伝えるもの  
heights メディア式に基づいた要素の縦サイズ  
layout レイアウト  
media メディア属性  
noloading 進捗インジケータ(グルグル回るアイコンみたいなやつ)をOFF  
on イベントの実行用  
placeholder 親要素のプレスホルダー(アニメーションや画像などで読み込まれる前に表示されるやつ)  
sizes メディア式に基づいた要素の横サイズ  
width 横幅  
height 高さ  

イベント

イベント名 説明
slideChange カルーセルによって表示されるインデックスが変更されたときに実行

レイアウト

レイアウト名 説明
fill 利用可能なスペースを埋めるよう自動的にサイズ調整
fixed 指定した横幅と高さで固定
fixed-height 指定した高さで固定。横幅は自動的にサイズ調整
flex-item 親要素や周りの要素に応じて自動的にサイズ調整
intrinsic 指定したアスペクト比に自動的にサイズ調整
nodisplay 要素が非表示
responsive 画面サイズに応じて自動的にサイズ調整

基本的な使い方

<amp-base-carousel
  width="4"
  height="3">
</amp-base-carousel>

自動的に進む(auto-advance)

<amp-base-carousel
  auto-advance="true"
  width="4"
  height="3">
</amp-base-carousel>

media query

<amp-base-carousel
  auto-advance="(min-width: 800px) true, false">
  width="4"
  height="3"
</amp-base-carousel>

multiple media queries

<amp-base-carousel
  auto-advance="(min-width: 800px) true, (max-height: 1000px) true, false"
  width="4"
  height="3">
</amp-base-carousel>

次に移動する時に進むスライド数(advance-count)

<amp-base-carousel
  advance-count="2"
  width="4"
  height="3">
</amp-base-carousel>

特定の時間に表示するスライド数(visible-count)

<amp-base-carousel
  visible-count="2"
  width="4"
  height="3">
</amp-base-carousel>

少数

<amp-base-carousel
  visible-count="3.2"
  width="4"
  height="3">
</amp-base-carousel>